ひとしずくの魔法

English

遊園地には、あなたを幸せにする魔法使いが住んでいる…
すべてが可愛らしい珠玉のファンタジー、ここに誕生。

【物語】ミュウは、遊園地に住んでいる落ちこぼれの魔法使い。 ココロを覗くと好きな人がわかるという素敵な魔法が身についたのに、人間のシアワセをうらやんでばかり。 やがてイタズラ心に目覚めたせいで、健太という少年をとんでもない危機に追いやってしまう……。
美しい風景、キュートな衣装、かわいい魔法使いと優しい少年…。全てが遊園地のようなファンタジードラマ。全ての年齢の方々にお勧めです。 

監督・脚本 安田真奈  
出演  石坂ちなみ 倉井陽祐  桂茶がま  松苗伸彦 フランキー仲村 いとう まい子(友情出演)
製作 関西テレビ放送 吉本興業 和歌山マリーナシティ 
( 2001年 53分 )

★ピアニスト・作曲・編曲家 谷川賢作氏よりメッセージ
ひとには心の緩む時間が必要だと思う。『ひとしずくの魔法』でしばし緩んでください。 きっと明日は元気になります。

★活動弁士 澤登翠氏よりメッセージ
「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で初めて『ひとしずくの魔法』を観た時の、胸の中に泉が湧き出たような印象は今も忘れられない。柔らかな色が踊り、可愛らしい石坂ちなみさんのミュウが翔び、遊園地が童話の国に変わる楽しさ。私達は、監督安田真奈さんの魔法にかけられて、心身が透明になっていく夢想にとらわれる。すこぶるチャーミングな魔法使い真奈さん、私たちをずっと映像の森のさすらい人でいさせてください。来年も、再来年も、ずっと。」

★観客の皆さんからの反響
「すべてがかわいらしい作品。すべてが。」(10代女性)
「感動して、泣きました!」(小学3年生)
「独自のヤスダワールド!素晴らしい!」(30代男性)
「やさしくてオシャレで、とても幸せな気持ちになった」(30代女性)
「つい、ホロリときてしまいました。」(30代男性)

★「フランスの魔法使いはフランス語、関西の魔法使いは関西弁や!」
そんなおかしな会話やエピソードが散りばめられたこの映画は、関西テレビ「バトラク」のポルトシネマ企画から生まれ、 和歌山の美しい遊園地・ポルトヨーロッパで全編撮影されました。
2001.11/25 関西テレビにて放映
2001.12/2 東京・多摩映画祭の特別招待作品として上映
2001.12/22 大阪京橋・大阪城公園 IMPホールにて上映
2001.12/22~24 和歌山ポルトヨーロッパにて上映
2002 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアター特別招待
   全上映作品中観客アンケート4位
2005 和歌山ポルトヨーロッパにて1カ月上映

■魔法使いたちの素敵な衣装は、魚谷彩会さんがデザイン・製作してくださいました。手がけておられるブランド「存 ZON」のサイトはコチラです。
https://www.zon.works/